『骨盤の左右傾けエクササイズ』あなたはどのタイプ?

椅子に座って、片方の足で床を踏むように押すと

骨盤が左右に傾いて、一方の坐骨が浮きます。

 

試しに、左足で床を踏んでみて下さい。

 

1.左の坐骨が浮いた方

2.右の坐骨が浮いた方

3.どちらも浮かないけど...という方

 

あなたは、どのタイプでしたか?

 

これは、

『動きケア®体操 骨盤の左右傾けエクササイズ』

の”動き”です。

 

この”動き”で

その方の、身体の使い方のクセみたいなものが

わかります。

 

1.左足で踏んで同じ左側の坐骨が浮いた方は、

足裏で床を押した力が

足部から股関節に伝わって

骨盤の左右傾きが起こったと言えます。

(写真のお二人は、このタイプです。)

 

2.左足で踏んで反対の右側の坐骨が浮いた方は、

体幹の側屈で骨盤の動きを起こし、

左右に傾けた、と思われます。

足裏で踏んでいる、というより

左の坐骨に体重が乗ってる感じがしませんか。

足を持たれて、床を滑らせるような力を加えられると

スルスルとずり動いてしまうかもしれません。

(動きケア®『ピタッとチェック』)

 

3.どちらの坐骨も浮かない方は、

骨盤後傾気味かもしれません。

足裏で床を踏むことが、

膝に負担をかけてしまう場合があります。

 

動きケア®では、

『骨盤の左右傾けエクササイズ』を

”歩き”に活かすために行います。

 

”歩き”の動作で

骨盤を水平に保つために重要な働きをする

中殿筋等 股関節周辺の筋が

十分に動くようにすることを、

目的にしたエクササイズです。

 

ですから、動きケア®的には

1.のパターンができるようになって頂きたいです。

 

実は私も、

始めてこのエクササイズをやった時

2.のタイプ、反対側の坐骨が上がりました。

 

というか、足で床を踏んでも骨盤が傾かなかったので

体幹側屈で傾けた… のだと思います。

 

前述の『ピタッとチェック』等で

いろいろ残念な結果が出ていた頃です。

 

身体各部の”動き”をチェックしてケアする。

連動の中でも、その”動き”が出せるようにする。

 

チェック&エクササイズ を繰り返し

本来の身体の使い方を習慣化する動きケア®

 

今では私も、

自然と同側の坐骨が浮くようになり、

反対側を浮かすには、意識が要るようになりました。

 

以前とは、”歩きやすさ”がちがいます。

歩幅も大きくなりました。

 

「歩くって、こういうことだったのか❕」

 

って感じです。

 

あなたも、身体の使い方習慣、

『骨盤の左右傾けエクササイズ』で

確かめてみて下さい。

 

⒊のタイプの方は、まず

骨盤を立てるエクササイズが必要です。

 

動きケア®機能改善エクササイズには

骨盤前傾前傾のためのエクササイズも

豊富に用意されています。

 

動きケアトレーニングスタジオ春で

お待ちしております。