「姿勢と動きのなぜがわかる本」

DOUフィットネス総合研究所所長 

土屋真人先生の著書

『姿勢と動きのなぜがわかる本』

 

私が、土屋先生のセミナーで学ばせて頂く

きっかけとなった本です。

 

運動指導に必要な知識が、指導の場ですぐ使える

ように、わかりやすくまとめられています。

 

私がおすすめしたこともあり、

「本は、持ってます。」

という方、周りに何人かいらっしゃいます。

 

ところが、

「ちゃんと読めてなくて・・・」 という

お声が多かったので、昨日

 

『「姿勢と動きのなぜがわかる本」がわかるセミナー』

 

を開催しました。

 

Chapter5 股関節の内転・外転に作用する筋

を ちゃんと読みましょう。

というのが目的です。

 

Chapter5 を選んだ理由は、

私自身がこの本に出会った時、

一番いっぱい目からうろこが落ち、かつ

「どういうこと?」と謎も多かった章だからです。

また、「最初の方は、読んだけど・・・」という方もいらっしゃるのでは…

というのもあって、中盤の章を取り上げました。

 

起始・停止を 模型で細かく確認したり、イラストの動きを実際にやってみたりしました。

 

特に、骨盤の左右傾きの動き は、盛り上がりました。

 

「イラストがわかりやすくて、いいね」

「こういうの、わかってるって大事だねー」

「他の章も読みたくなった❣」 等の感想を頂き、嬉しくなりました。

 

近日、続巻『~肩の筋~』が出版されることも、しっかり告知させて頂きました。

 

運動指導に携わる方だけではなく、からだの構造としくみに興味のある方に

ぜひ、読んでもらいたいです‼